九州ライブ【長崎平戸へ移動日】

13年ぶりの福岡上陸。そしてライブ。


翌6月30日。

まだまだ昨夜の熱を残しつつも

次の地へと向かいます。


そこは長崎県平戸市。

車で3時間。

今回7月1日開催の野外イベント

「平戸遊演地」

主催者の堀文治氏↓

c0104774_11442119.gif

今回、私を誘ってくれた人。7年前くらいに東京のライブハウスで知り合う。

柔らかな人でね。気持ちのいい人。そしてエネルギッシュな人。

平戸のお友達も皆、柔らかでエネルギッシュな人達が集まり、その人間力に圧倒されっぱなしでした。雨が降ったり止んだり不安定な天気のなか、明日のイベントの設営をしていました。

はたして明日の天気どうなるのか…そればかりが心配でした。


前日入りした、やもとなおこちゃんと私を、おいしい焼き鳥屋さんに連れて行ってくれ、なぜか話は気がつくと量子力学や宇宙の話で盛り上がりました。写真は左から文ちゃんと平戸まで運転してくれた&カメラマンの義山さん。

c0104774_11515169.jpg
c0104774_18154466.gif
これはなんでしょう。
宗教家風。

隠れキリシタンの地・平戸です。

夜は古民家宿に泊まりました。
c0104774_18194562.jpg
やもちゃんと二人で泊まるには広いぶち抜きの4部屋。夜22時。お互い少し寝不足だから早めに寝ましょうと、やもちゃんはお風呂へ。
私は、疲れと山道のぐねぐねのせいで、乗り物酔いをしてしまい、部屋でゴロンとしていると…
視界の隅に何か黒いものが動きました。
バッと飛び起きますと、
そこには大きな大きな蜘蛛が…(;゜0゜)

足が長くって黒ぐろしていて…(;゜0゜)私の手を大きく広げたくらい…いやもう少し大きかったかな。

生まれて初めて見ました、あんな大きな蜘蛛。


逃したくても、さわれないし床に出てきたら、ふんわり籠のようなもので今夜だけ覆って、寝ましょう計画を立て、どうにか蜘蛛🕷さんを壁から床に誘導するも(長い棒のようなものがなく、インテリアで飾られていたライトを武器に誘導するも、)言うこと聞いてくれないし。失敗に終わり…これじゃぁ、寝れないよーと二人涙。

c0104774_18590041.jpg

あっ!それなら、私達自身を隔離してしまえばいいんだ!と思いつき、部屋の隅に片付けてあった襖を発見し、それをはめて、私達を無事隔離 笑


よし。これで心配なく眠ることができる。


お風呂に入り、布団に入ったのは23時。

明日のライブに備えて寝なくてはと、旅先にしては早めの就寝。

…そうかさっきの蜘蛛さんは、私達を歓迎して出てきてくれただけなんだよな。なんて思いながら就寝。


就寝。…とスムーズにいきたいところなんですが、


あれ?なんだかおかしいぞ。


昨日もライブして、寝不足で疲れているのに。

まったくもって


眠れなーい!

頭が冴えてきってしまっている。

興奮もしているんだね、きっと。


c0104774_19130830.jpg

寝れない。時計を見ると、あ。1時間経っちゃった。

その後も、ウトっとも出来ず、また時計を見ると1時間経っちゃった。焦り始める。それが余計にダメ。

そんなことが繰り返され、朝の7時まで寝れなかった!

外もすっかり当たり前の朝がやってきていた。


結局、その後やっと寝れて、

8時に起床。1時間しか寝てない。


こんな寝れなかった事も、その状態で野外ライブをするのも、生まれて初めてです。


それにしても

雨、降ってない!


c0104774_18405799.jpg
良かったー。
7月1日「平戸遊演地」ツイてる!
みんなの熱意が届いたんだ!

み空よ。この調子で今日一日よろしく頼む!


…続く。







by dogfight1214 | 2018-07-05 22:05 | 歩日々 | Comments(0)