<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あっという間

今回はいつもより一週間短かったので、あっという間でした。
この度は「出れんのサマソニ」投票にご協力頂きありがとうございました!
投票が終了しましたので
お知らせに伺いました。

惜しくも第一関門クリアの400位以内に入る事ができませんでしたが、165回ものクリックがあったという事が感謝感謝なのです

毎回気付かされることなのです

ご協力本当にありがとうございました!

これからリハに行ってきまーす
[PR]
by dogfight1214 | 2011-06-27 12:38 | お知らせ | Comments(1)

今年もやります

今年も始まったようですね。
でれんのサマソニ 
サマソニに出演できるかもしれないという、
一般出演アーティストの募集の企画。
今年で3回目。

私も毎年、ひと夏の思い出にと
今年も、実は応募してしまいました。

みなさんからの投票数によって出演が決まるようです。

もし気に入ってもらえたら、1日1票よろしくです。
pcから1票、ケータイから1票、一日2票可能です。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by dogfight1214 | 2011-06-20 13:28 | お知らせ | Comments(2)

6月の色々

10年間お世話になったライブハウス「秋葉原PAGODA」が終わり
6月1日から「錦糸町rebirth」がオープンしました。
ライブも既に2回やらせてもらいました。

早くも、錦糸町に愛着がわき始めている佐藤歩です。
私が住んでいる街の、近くにある池袋六又交差点付近の(下が山手線が通る)橋の上から、まっすぐ東の方へ目をやると、霞のむこうにスカイツリーがそびえたっているのが見えるのです。
そこを通るときは、必ず東を見てはじんわりしています。

今日は、過去のライブ映像のダイジェストを編集していました。
既に「rebirth」でのライブ映像もほんのり収められています↓
2010-2011思い出深いLIVE DIGEST一挙大公開/佐藤歩


6月4日は、母とおでかけしてきました。
母には、「4日は空けておいてね」とだけ言い、
実は内緒で、ある人のコンサートを予約していました。
母が青春時代に、レコードがすり切れるまで聴いていたという「DIONNE WARWICK」が来日するという広告を2ヶ月前くらいにたまたま見つけて、「これだ!」と真っ先に電話予約。
場所はブルーノート。自由席。
自由席の場合、当日早い者順で前の方から席を埋めていくのもあって
私は15時頃にはブルーノートに到着。(せっかくのご招待ですものね。)
そして母とは表参道駅に18時に待ち合わせ。(19時開演)

早く行った甲斐もあって
12番(やったー)の整理券をもらい、2列目のテーブル席(ステージから2.5Mくらい)という至近距離を確保しました。

待ち合わせの18時 表参道駅。
歩きながら母「どこに行くのかしらん?」
と少々ウキウキした表情をみせる。

途中、寄り道もしたりで18時半に母を連れてブルーノートに到着。
「tonight DIONNE WARWICK」の店頭の文字をみて、
まるで少女のように飛び跳ねて喜んでくれました。
そして席につきドキドキ開演まで、待ちました。

さらに嬉しいことに、私たちの席はちょうど、アーティストがステージ上がるまでの花道の場所に位置しているため、dionneが登場した時、母は通り過ぎる彼女の腰の部分(かなりお肉が乗っていた)をポンポン触って私の方をみて。母「触れた〜♡」触ってるのは母しかいなかった(汗)さすが。。。

そういえば私が中学の時一度、渋谷のオーチャードホールで彼女のコンサートが行われたときに
母に連れられて観に行ったこともあり、私も思い入れのある歌があるのです。

今回ライブハウスという嬉しい大きさで
こんなに近くで観れて、私たち思い出の歌も何曲も歌ってくれて。。。
最後の方は、泣きながら一緒に歌いました(笑)

DIONNE70歳。たしかに若い頃のような声の伸びは、なくなってしまったのかもしれないけれど、70歳になっても歌い続けているって素晴らしい!

70年生きてきたからこその、包容力というのか温かさというのか
初めて聴くA Pocketful of Miraclesという歌。その歌にも涙しました。
哀愁というか祖母のにおいというのか、なにかを語る背中というか・・・
(ボキャブラリーがないから)当てはまる言葉が見当たらないけど。

午後の昼下がりの平穏な日に一人、椅子に腰かけ・・・
これまでの人生、そして残された人生につぶやくように歌う。
そんな画が浮かぶ。(↓参考までに)
http://www.youtube.com/watch?v=z_OVhTAs-r8&feature=related


今「A Pocketful of Miracles」を聴きながらこれを書いていますと
私もいままでの色々な思い出を振り返っていました。
今回、母にこういう形でプレゼントできたこと、本当に良かったと思っています。
母も、とても喜んでくれました。
[PR]
by dogfight1214 | 2011-06-09 23:21 | Comments(3)