2008年 08月 19日 ( 1 )

お~奈良!《2日目》

翌日の奈良も朝から暑い熱い042.gif
朝10時過ぎにホテルでチェックアウトを済ませ
めざすは奈良公園へ。
やっと大仏様に逢えるぞ!鹿さんともたっぷり遊ぶぞいぞい!

近鉄奈良駅の前の通りの坂道を東に登ってゆくこと約15分。


c0104774_1037385.jpgいました、いましたよ!!

奈良公園に到着する前に、
すでに道端には鹿さんが。

しかも車が走っているすぐ横でごろんとしていたよ。

c0104774_1039631.jpg「おはようございます」のご挨拶。
「鹿せんべい持ってないの~?」と鹿さん。
c0104774_10421738.jpgお尻がかわいい子だったので、スケッチしました。
そんなこととは知らず鹿さん、
暑さのあまり、ボーっとつっ立ってしまっていました。


鹿せんべいはまだあげない!

c0104774_1048549.jpg奈良の鹿さんは、1,200年以上の昔から神様のお使いとして大切に保護されてきたそうです。また、「奈良の鹿」は、国の天然記念物に指定され、多くの人から大切にされています。長年にわたり保護され、鹿さんは安心して奈良公園ですむことができるんだね。

神がかってるよ、そのお顔。
じつにお美しい!

c0104774_10484689.jpg今現在、約1,200頭の野生の鹿さんが奈良公園に生息しているそうです。
単独で行動はせず、オス・メスは別々のチームになって一日の行動を共にするようです。

こちらは
「ごろんチーム」


c0104774_11165830.jpg鹿さんをゆっくり観察した後、やってきました東大寺も南大門!そして木造金剛力士立像。
鳥肌が立ちました。

写真ではその、スケールの大きさは伝えられないなぁ、やはり。

そして中門をくぐり・・・・c0104774_11284586.jpg

c0104774_11322745.jpg大仏殿っ!!



やはり大仏殿をバックに写真を撮りたいなと・・・

普段、人に何か頼みごとをするのがヘタクソな私。
でも、思い切って声をかけようと決心しました。


。。。どうせなら、外国人なんておもしろそう^^

そんなふれあいを求めて思い切って簡単な英語をガンバッテ使って声をかけました。

。。。不覚にも、日本語の上手な、見た目ゴツイ外国の人でした。

私たちのショットを撮ってもらった後、「じゃあ俺たちのも」と英語で言ってくれました。

私は調子に乗って、ある隠れアイテムを取り出し・・・

「with 」

と言葉少なめに、こいつを差し出したら。

c0104774_1150359.jpgc0104774_11505444.jpg
c0104774_11515540.jpgひゃっほー!!大成功!

この外国の人は、きっとこいつを、東大寺にまつわるお偉い人なんだと、思っていたろうな。

「ボクタチ、勉強 不足ダッタネ、ボブ」

とか言いながら。


「see you」と手を振り
この出遅れた“インターナショナル”「リポーター半魚人」はちょっといい「ふれあい」のお手伝いをしたのでした。

だからお礼に・・・
c0104774_11581713.jpg
釈迦誕生像?してやりました。

半魚人は
「水をえた“やっぱり”魚」でした。

半魚人はその後、
ズボッとカバンの中に押しやられ、
今度の出番をひっそり待ち続けていたのでした。





そして・・・・
ついに、再会を果たしました。
c0104774_1251788.jpgさすが、大仏様!

私は、しばらくそこに座って
スケッチをしました。
でも何枚も何枚も、描いても
納得のいくお顔が描けません。

「無」のお顔を描くのは、こんなに難しいのかと。

私の感情が入り交ざった大仏様の絵は
まあそれはそれで良しとしました。



ふぁ~となんともいえない包まれた気持ちのまま、
東大寺をあとにしました。
(途中、あの外国人と何度も会いました 汗)

c0104774_12434140.jpgあ。
ちなみに

こちらが本物の釈迦誕生像



もうすでにpm2:30
鹿さんに「鹿せんべい」をあげてはしゃぐのでした。

「せんべいちょうだい」とお辞儀をしながら、鹿さんはやってくるのです。

話によると、お辞儀をしておねだりする動物は世界を見ても
奈良の鹿だけなんだそうです。

「へぇ~」


c0104774_12411126.jpg
それにしても、私が鹿せんべいを持っていることはすぐにバレ、
何匹もの「貪欲腹ペコチーム」が私の後を追って・・・

その勢いにちょっとどうしていいのか
押されっぱなしの佐藤歩です。
助けて~


おせんべいもなくなり、
「おしまい」と両手の平をみせると
鹿さんたちも理解するという習慣があると、前もって聞いていたので

私も「おしまい」ポーズをとってみました。


すると、みてください。
鹿さんのこのアッサリぷり。
↓連写

c0104774_1249396.jpg
c0104774_1249464.jpg
c0104774_12502333.jpg

あっさり。



c0104774_1332917.jpgでもそんなとこも好きよ~鹿さん。

みんなのおかげで
楽しい旅になったよ。
「ありがとう」と接近。




2008の夏。
最高の思い出が出来ました。
東京に帰ってきた今も、鹿さんたちが恋しくなることがあります。

家に持ち帰ってきた
鹿せんべいのかけらの香ばしい香りはまだ残っているけど
そのうちに消えちゃうのかな。




また会いに行くよー。




c0104774_13123385.jpg
[PR]
by dogfight1214 | 2008-08-19 13:17 | 歩日々 | Comments(8)